クレジットカード

ビットコインが発生するかなり前から沢山の人々がインターネットが始まった時から「決済」に注目していました。そのため、インターネットビジネスがたくさん始まった1990年には、すでに「仮想通貨」ビジネスのディベートも存在していたのです。ビットコインが注目されたこともあり、ごく最近にはやった言葉のようにも思えますが、実際には、仮想通貨はネットとともに発展、進化してきた概念でしょう。

仮想通貨専門のベンチャー企業は現れては消えていきましたし、銀行が「個人決済専用のシステムを作る」という話もありました。インターネットのビジネスの元とは「いかに決済できるか」であり、その中で今までのキャッシュは、あまりに自由ではありませんでした。しかし、現実問題として「別の通貨をつくる」試みは全て失敗してきました。ネットビジネスの柱は広告による無料モデルになりました。そしてなぜかビットコインだけが生き残りました。

そうした、さまざまな試みの柱につねに存在し、かたちを変えながら生き残ってきたのがクレジットカードです。システムが生まれてからすでに60年以上がたって、普及度の点でも影響力の点でも認知度の点でも目立っていました。

現在、クレジットカードのその状況は変わらないどころか、さらに進か発展して強くなっているようにみえます。クレジットカード会社がインターネット決済に対応するためにクレジットカードを「最適化」させていったことが要因の一つです。その過程で、決済コストの大きさの問題も、決済スピードの問題も解決しました。決済の安全性を担保するための「不正利用対策」も発展しました。クレジットカードの本質はカード番号で契約者の氏名や有効期限などは、決済の安全性を高めるための付加データでしかなく、カード番号や氏名といった、ほんの少しの情報をやりとりするだけでショッピングができます。その簡単さが強みである一方、盗まれたデータによる不正利用も簡単に発生してしまいます。クレジットカード会社は当然、暗号技術によってデータを守ろうと必死です。しかし、暗号とは別の部分に問題がある不具合や、悪意のある人が行う「データの持ち出し」など、さまざまな原因によってクレジットカードの不正利用は増え続けています。特に最近増えたのが、少額な決済で、利用者に気づかれにくいようにお金を少しずつかすめ取る不正行為です。

カード詐欺はインターネットのあるなしにかかわらず増加傾向にありますが、インターネットがあることで、そのスピードははやまりました。クレジットカード会社には現在、膨大な顧客の決済データから「その人が普段おこなわない種類の決済行動」をチェック監視し、警告に基づいて決済を止めるなどの注意喚起をするシステムが広がっています。

クレジットカード会社は、そうした対策に加え、不正利用に対して保険的な費用を準備し、正当にカードを利用している顧客に直接的なデメリットが発生しないようにしています。「不正ができない機能を目指す」のではなく、「不正があってもそれをカバーできる機能にする」ことが、クレジットカードという機能の本質であり、強さです。

ビットコインなどの電子マネーやクレジットカードとの比較で最大の特徴はP2Pでの決済です。
これはビットコインなどの仮想通貨も同じで、速い上に匿名で、その上セキュリティも守られた決済ができます。
はっきりとメリットが際立っているのは海外からの送金ぐらいだがビットコインは日本での人気も上がってきています。そんな次世代通貨としてのビットコインは、今後も勢いを増していき、認知度をあげていくでしょう。

PICKUP:ビットコインの購入・投資、価格ならBIT365