万引き対策にアンテナ

RFIDタグは特定の振動数で共振する仕組みがあります。そして、これと似た仕組みが万引き対策に活用されています。

CDショップやゲーム屋、本屋などのお店の入口にはよくゲートが設置されていますよね。ゲートは商品タグの共振周波数の電波を出すアンテナと、その電波を受信しているアンテナが向かい合わせで設けられています。ゲートの送信アンテナは、枠の内側に沿った大きなループ(コイル)型をしており、一定の時間間隔で電波を送っています。この電波を反対のゲートが、常に受信しています。

このゲートの間をタグがついた商品が通過すると、共振して受信状態が変化し、商品にタグがついたままであることを察知できるのです。

商品を購入した場合には、タグを回収したり、レジにある機械で信号をタグに当ててコンデンサが機能しなくさせたりという作業をしています。こうすれば共振が起きず、ゲートを通過しても反応しません。

万引き防止に使われるタグには、これとは異なる周波数を使った方式がいくつかあります。これらは電子式商品監視(EAS)システムとして、日本だけでなく海外でも研究や開発が重ねられています。電子式商品監視システムは高そうなイメージがありますが、それでもこれを活用するお店が増えたのは、システム導入費より、万引きの損害額が高いからでしょう。ゲートが故障した時は、アンテナ工事をすれば直るかもしれません。