送信アンテナ

送信しているダイポール ・アンテナも共振しています。共振 とは「電気エネルギー と磁気エネルギーが交互にキャッチボールを繰り返す現象」なので、アンテナの近傍に発生する電界と磁界の位相は90 。ずれています 。
このように、アンテナの近くでは電気エネルギー と磁気エネルギーが交替しながら電力を蓄えていますが。アンテナから少し 離れた空間で電気力線がちぎれてループ状なります。そして、それらはつぎつぎにできる新たなループに 押し出 されて、電界が空間を移動 します 。 一方、磁力線は、もともとループ状に広がっているので、電界と磁界、すなわち電力が遠方へ旅立つことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です